しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

「自己肯定感」が低い時代。

おはようございます、志帆子です。

いつも訪問頂きありがとうございます。

 

最近よく聞く、「自己肯定感」という言葉、

「あの人は自己肯定感が高いから」というような

使われ方をしているように、

「自己肯定感」が低い時代になっているのだと

いうことのようです。

自己肯定=あるがままの自分を価値ある存在として

受け入れることは、私は生きる上で必要というか、

「自己肯定感」があれば、人生を楽に生きることが

できると思っています。

 

今の時代、本当に「自己肯定感」が低い人が

増えているようです。

2014年に内閣府が実施した、

日本を含めた7カ国(ドイツ、フランス、イギリス、

アメリカ、スウェーデン、韓国)の

13〜29歳の7431名を対象とした意識調査が

「子ども若者白書」で発表されました。

 

自分自身に満足しているか?
「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」と回答した人は、
日本以外の6か国は70~80%だったのに対して、
日本は4割強で最も低い結果だったとのことです。

 

自分には長所があるか?
7か国の内ドイツ、フランス、アメリカ、イギリスではほぼ90%以上が
「自分には長所がある」「どちらかと言えばあると思う」と答えたのに対し、
日本は68.9%とのこと。

 

うまくいくかわからないことにも意欲的に取り組むか?
日本以外の他国平均の77.7%が「意欲的に取り組む」
と答えたのに対して、日本では52.2%。
日本の若者は諸外国と比べて、うまくいくかわからない
ことに対し、意欲的に取り組むという意識が低く、
つまらない、やる気が出ないと感じた者の割合は8割弱。
諸外国平均の5割に比べてかなり高くなっているとのことです。

 

将来への希望を持っているか?
他国で「希望を持っていない」と答えた者の割合は
1割だったのに対して、日本では4割弱にのぼる若者が
将来に希望を持っていないと答えました。
日本の若者は諸外国と比べて、自分の将来に明るい未来を
持っていない、年代が高くなるほどその傾向が顕著
となっているとのことです。
 
日本の子どもや若者の「自己肯定感」は、
年齢が上がるにつれて低くなり、平和で豊かな日本にいながら、
多くの不安を抱えながら、自信がなく将来への希望を持てずに、
つまらない、やる気が出ないと感じている若者の割合が増えている
とのこと・・・。
本当に残念な結果です。
 
2017年6月1日の教育再生実行会議
(第二次安倍内閣が設置した総理直属の会議)で、
「自己肯定感」を高め、自らの手で未来を切り拓く子どもを
育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上を
取りまとめ、子どもたちの自己肯定感を育む取り組みを進めて
いく必要性を打ち出しています。
 
とは言っても、「自己肯定感」には、
親の影響が大きいような気がします。
もちろん、自身や教育の要因もあるかと思いますが、
子供の時に両親が自分をどう見てるかで、
自分の価値を決めているところがあると思うので、
親から否定的なことばかりを言われ続けていたら、
「自己肯定感」は低くなってしまうと思います。
 
 
長くなってしまいますので、「自己肯定感」が低い人に
表れる特徴については、明日お伝えします。