しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

健康〜ダイエットに繋がる:朝食の果物の健康効果

おはようございます、志帆子です。

いつも訪問いただきありがとうございます。

 

南雲先生の食生活からできることを

取り入れ始めて、約2ヶ月が経ちました。

 

当ブログにてご紹介した南雲先生は、

40代から食生活と生活習慣を改善し、

55歳の時に、

脳年齢38歳、骨年齢28歳、血管年齢26歳

になりました。

 

南雲先生の食事内容

朝:フルーツとごぼう茶のみ

昼:なし

夜:一汁一菜(腹6分目・・・)

肉は一切食べません。

一日中、飲み物の基本はごぼう茶です。 

  • 一汁一菜で腹六分目
  • 食材は丸ごと食べる
  • 米は玄米、パンは茶色いものを食べる
  • 魚は骨、内臓も丸ごと食べる
  • 野菜は葉、皮、根を丸ごと食べる
  • 果物は皮ごと食べる
  • 肉を食べず、肉の代わりに大豆製品を食べる
  • 青魚で血液サラサラ、サビない体にする
  • 甘いものがほしいときは、果物を食べる

 

驚異的な若返りをみせた理由は、

食べているもの、食べ方にも

ポイントがあるんだろうなと思い、

今回は 「朝食の果物」について掘り下げてみました。

 

『ナチュラルダイエット』という2004年発行の著書に

朝食に果物を食べることが、いかに理にかなっているかが

わかる説明がありましたので、

適正体重になり健康的になるための成功のコツとして

ご紹介したいと思います。

 

著者のハーヴィー・ダイアモンド先生の『FIT FOR LIFE』

という本は、大ベストセラーになっていますので、

南雲先生もこちらの本を読まれて実践されたのかなとも

思えます。

  

 著者:ハーヴィー・ダイアモンド

「アメリカ健康科学カレッジ」において最高学位取得後、
同カレッジの検定コースの指導にあたっていたほか、
カリフォルニア州サンタバーバラの「ホリスティック医学教育研究所」
ほかで栄養科学を指導。
心身ともに健康的な生き方を指導する講師、カウンセラーとして
世界的に活躍。
マリリン夫人との共著『FIT FOR LIFE』は1985年の刊行以来
40週連続でニューヨークタイムズ紙の1位にランクされるという
大記録を樹立。
その後、32カ国語に翻訳され、全世界で1200万部を超える
大ベストセラーとなり、アメリカの出版情報誌「パブリッシャーズ
ウィークリー」では世界の名著25冊のひとつに選ばれる等
高い評価を得ている。
 

 生命力のある水を摂取する

水道水やミネラルウォーターの飲料水では、
体の中を綺麗にすることはできないとのことです。
体の中を綺麗にする事ができる水は、植物に含まれている
水です。本書ではこの水を「生命力のある水」と表現しています。
それは、新鮮な生の果物と野菜に豊富に含まれています。
この水には、体の中の汚れを洗い落とす働きがあるそうです。
TABILABOにて分かりやすい説明がありました。
美容や健康に気を使う人たちでも、フレッシュな水分が不足しています。それを補ってくれるのがフルーツや野菜。ミネラルウォーターをいくら飲んだって、フルーツや野菜に含まれている水分にはかないません。
雨が降って大地の養分を木々が吸い上げ、それがフルーツや野菜の中に蓄えられる。この水分は、いわゆる電解水の成分と非常によく似ているんです。カラダに必要なミネラルバランスがすでに備わっているから。
こうした“生きた水分”が体内に入ると、細胞や脂肪に生きたまま届いて、毒素を流してくれるんです。スムージーやコールドプレスジュースを飲んだ後に、カラダが楽に感じることはありませんか?
 
  

 果物を正しく食べる

果物は胃の中に何もない状態のときに食べる事が
よいそうです。
果物は驚異的な特性を持っており、人間にとって
この世の中で唯一、胃の中で消化する必要のない
食べ物ということ。
果物は、早ければ15分か20分くらいで胃の外に
出ます。
果物はそれ自身の消化酵素をもっているからです。
果物を食べるときは胃の中に何もない状態のとき
でなければならない理由は、食べ物と一緒に食べると
果物は胃を短時間で通過しようとするのですが、
食べ物が邪魔をして胃をスムーズに通過
できなくなるからです。
そのため、食後のデザートとして食べた場合には、
果物の健康効果は得られません・・・。
ヨーグルトに混ぜて食べるのもだめだそうです・・・😅
 
果物の特性
成分の約80〜90%は生命力のある水
消化にほとんどエネルギーを使わない
体に必要な5大栄養素をすべて含んでいる
 ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸、ビタミン(A,B,Cなど)
 ミネラル(カルシウム、リン、カリウム、鉄、亜鉛など)
つまり、果物こそが本当の意味で完全栄養食といえるとのこと。
市販されている果物ジュースは熱処理した濃縮還元ジュース
なので、健康飲料とはいえません。
 

 朝食には果物だけを食べる

1日のうちでエネルギーが最もみなぎっている時間帯は、
朝目覚めたときです。
体のエネルギーを最も多く使う活動は、食べ物の消化です。
朝食としてトーストと卵料理を食べたとします。
すると、せっかく一晩寝て蓄えたエネルギーの多くが、
その消化のために使われてしまうことになるのです。
そのため、ハーヴィー先生は、朝食をしっかりとるという
従来の生活習慣に対し、朝食には果物だけを食べるという
生活習慣を提唱しています。
新鮮な生の果物であれば、なんでもいいし、量も自由です。
とにかく午前中は果物だけ食べると効果的とのことです。
読者の方も、すべての提案に従っている訳ではないが、
朝食に果物だけを食べる生活習慣だけはずっと継続している
という方が多いそうです。
朝食に果物だけを食べる生活習慣を継続するだけで、
飛躍的に健康になることができるそうで、
1週間試してみると違いが実感できるとのことです。
 
*朝食をしっかり摂る習慣がアメリカで定着したのは、
 20世紀初頭であり、それまでは昼食と夕食の一日二食が
 基本でした。農業技術の進歩によってトウモロコシの生産高
 が急増したことをうけ、コーンフレークのメーカーが
 朝食をしっかり摂りましょうという大キャンペーンを張り、
 牛乳と砂糖の業界がそれに便乗したことにあるとのこと。 
 日本では、戦後の高度経済成長期に「大量生産、大量消費」が
 奨励され、食品業界を発展させる目的で、
 朝食をしっかり摂りましょうという運動が展開されたとのこと。
 

 果物の組み合わせ

果物を食べるときは、表の◯の組み合わせで

食べることがよいそうです。

すっぱい果物は甘い果物の消化酵素の働きを

鈍らせてしまうためとのことです。

f:id:shihon79:20191203204523j:plain

引用:ハーヴィー・ダイアモンド著 ナチュラルダイエット

 

 体の自然なリズムに合った食生活を実践する

人体の生理学的な側面について、もう一つ説明がありました。
午前中は、何かを食べるとすれば果物だけにするのが
健康的であることの根拠があります。
サーカディアンリズム(概日リズム)」という考え方です。
宇宙、地球のすべてのものは周期的に動いています。
人体の生理学的な側面も周期的に機能しています。
消化についても同様で3つのサイクルを周期的に繰り返しています。
このサイクルはそれぞれ約8時間で単純明快な仕組みです。
摂取のサイクル
 正午から夜の8時くらいまでの間に、食べ物を取り入れて
 消化する機能がもっとも効率よく促進されます。
 
吸収のサイクル
 夜の8時から朝の4時くらいまでの間に、食べ物の栄養を
 吸収して利用する機能がもっとも効率よく促進されます。
 
排泄のサイクル
 朝の4時から正午くらいまでの間に、毒素(老廃物と植物のカス)
 を排泄する機能がもっとも効率よく促進されます。
 
食べ物の摂取、吸収、排泄という3つのサイクルは一日中
行われますが、それぞれの時間帯にもっとも効率的に機能します。
排泄のサイクルがもっとも効率的に機能するのが、朝の4時から
正午くらいまでの間です。
体内の老廃物と食べ物のカスを効率的に排泄するには、
大きなエネルギーが必要です。
ところが従来の食生活のように朝食をしっかり摂ると
エネルギーの多くが消化に使われてしまい、この時間帯に
効率的に行われるべき排泄のサイクルがうまく機能しなくなります。
もし1週間、排泄のサイクルが完全に効率的に行われるようにし
体内の毒素をすべて出すことができれば、飛躍的に健康的になる
とのことです。
 

 旬の果物の栄養成分

朝食に果物のみを食べることを実践し始めており、

旬の果物のりんごと柿を食べていますので、

気になる栄養成分を調べてみました。

 

 りんごの主な栄養素とその働き

 ●有機酸

クエン酸、リンゴ酸といった有機酸を多く含み、胃腸の働きを良くし、殺菌作用などの効果があります。また、乳酸を減して、疲れを取り除き、肩こり、腰痛の防止にも効果があります。

 

●カリウム

カリウムなどが体内の塩分を排出する働きがあり、高血圧に効果があると言われています。

 

●ペクチンの働き

リンゴの皮にはベクチンが多く含まれており、整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があります。

 

●皮にはポリフェノールがいっぱい。

ポリフェノールにはコレステロールを取り除いたり、活性酸素を抑える働きがあります。また、がん予防にも効果があると言われています。最近の発見では、このリンゴポリフェノールには、膚の光老化を防止する働きがある事も解ったそうです。

第 10 回日本抗加齢医学会総会 「リンゴポリフェノールに皮膚老化抑制効果を発見」

紫外線の蓄積によるしわ、表皮肥厚に優れた有効性 光老化を引き起こす活性酸素である一重項酸素※2の消去に、ポリフェノールの一種のプロシアニジン類が有効であることを見出し、らに同成分を高含有する「リンゴポリフェノール」に、光老化現象の抑制効果があることを発見

 

●皮をむいた生のリンゴ 100gあたりの成分

それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
57
kcal
84.1
g
0.1
g
0.2
g
15.5
g
0.2
g
0.01
g
0.03
g
0 1.4
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
15
μg
0.1
mg
0.02
mg
Tr
mg
0.1
mg
0.04
mg
2
μg
0.03
mg
4
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
Tr 120mg 3mg 3mg 12mg 0.1mg
七訂日本食品標準成分表より

 

●皮つきの生のリンゴ 100gあたりの成分

それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
61
kcal
83.1
g
0.2
g
0.3
g
16.2
g
0.2
g
0.02
g
0.05
g
0 1.9
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
27
μg
0.4
mg
0.02
mg
0.01
mg
0.1
mg
0.04
mg
3
μg
0.05
mg
6
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
Tr 120mg 4mg 5mg 12mg 0.1mg
七訂日本食品標準成分表より

 引用:リンゴ(林檎/りんご)の栄養価と効能:旬の果物百科

 

 柿の主な栄養素とその働き 

●カリウムは筋肉にとっても欠かせないミネラル

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧の予防に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

 

●柿はビタミンAとCが豊富

どの品種にもペクチン、βカロテンをはじめβ-クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンなどのカロテノイド、ビタミンCを多く含みます。ちなみに、ビタミンCは柿1個で一日の必要量をほぼまかなえるくらい含んでいるそうです。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。

 

●柿は二日酔いに効果があると言われています

ビタミンCとタンニンには血液中のアルコール分を外へ排出する働きや副腎機能低下を防止する働きがあるそうです。また、酵素(カタラーゼ、ペルオキシダーゼ)がアルコールの酸化、分解を促ため、血中アルコール濃度の上昇を防ぎます。まさに二日酔いにはもってこいの効果があるようです。

 

●柿の葉

柿は実だけでなく、葉も利用されます。ビタミンCではなんとみかんの30倍も含まれているそうです。柿の葉寿司や柿の葉茶が有名です

 

●生の甘がき 可食部100gあたりの成分

下の表に五訂日本食品標準成分表に記載されている甘柿に含まれるカロリーや成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和
脂肪酸
不飽和
脂肪酸
コレステロール 食物繊維
60
kcal
83.1
g
0.4
g
0.2
g
15.9
g
0.4
g
0.02
g
0.07
g
0 1.6
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
420
μg
0.1
mg
0.03
mg
0.02
mg
0.3
mg
0.06
mg
18
μg
0.28
mg
70
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 170mg 9mg 6mg 14mg 0.2mg
五訂日本食品標準成分表より

 

●生の渋がき 可食部100gあたりの成分

下の表に五訂日本食品標準成分表に記載されている渋柿に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和
脂肪酸
不飽和
脂肪酸
コレステロール 食物繊維
63
kcal
82.2
g
0.5
g
0.1
g
16.9
g
0.3
g
0.01
g
0.03
g
0 2.8
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
300
μg
0.2
mg
0.02
mg
0.02
mg
0.3
mg
0.05
mg
20
μg
0.27
mg
55
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 200mg 7mg 6mg 16mg 0.1mg
五訂日本食品標準成分表より

 引用:柿(かき)の栄養価と効能:旬の果物百科

  

最後に

私は今まで果物を軽視しており、
率先的に食べてはきませんでした😅
そういえば、モデルさんとか美を意識している人は
朝食に果物とかスムージーだけを食べてるなあと
思ってはいましたが・・・
まさかこんなに体によいことだったとは
思いませんでした。
今、朝食に果物だけを食べることを実践して
10日間が経ちました。
それまでの約50日間は、アーモンドを食べる
ことが多かったです。
朝食に果物を食べるようになってから、
排泄が促され、お通じがよくなりました。
私の場合、食べてから早ければ大体
1時間以内にお通じがあります。
また、少し痩せました。
特にお腹が空くということもなく
胃を刺激することもないので、
アーモンドだけを食べていた時よりも、
さらに午前中の集中力が高くなったように
感じています。  
また一歩、いきいきとした健康的な生活に
繋がるような気がします。