しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

妊活のため 南雲吉則 著『空腹が人を健康にする(一日一食)』を実践1ヶ月:本書の内容とその効果。

おはようございます、志帆子です。

いつも訪問いただきありがとうございます。

 

先日、用事があって久しぶりに図書館に行ってきました。

返却されたばかりの本が並んでいる棚を見てみると、

数十冊の本があり、その中に

南雲吉則著『空腹が人を健康にする』

(一日一食で20歳若返る)という本を

見つけました。

私は初めて知りましたが、2012年発行の本であり、

テレビ等にも出てお話をされていたりする方のようなので、

ご存知の方も多いかもしれません。

ペラペラとめくってみると、なんだか今の自分にすごく

必要なことのように思えました。

自分で求めていったのではないけれど必要だと思えることに

出会ったとき、やってきてくれたんだなと思います。

すべては必然、巡り会うべきときに巡り会う

ですね。

私は40代で妊活をしているため、

少しでも健康でいたい、若さを保ちたいという思いが

強いです。

なのに最近太ってきたからか、老化がかなり気になり

始めていました・・・😅

若さというのは見た目もありますが、

体内環境を少しでも健康で若々しく改善できれば、

それは、妊活にも良い影響があるように思えます。

 栄養療法を始めた途端、妊娠したという事例も多く見てきました。何といっても、私達の体をつくっているのは食べ物から得られる「栄養」です。髪や肌や爪などが栄養状態によって変化するのは実感があると思いますが、内臓の粘膜や血液、脳の神経細胞など、目に見えない部分も栄養状態の影響を受けて日々生まれ変わっています。妊娠に関わるホルモンももちろん、栄養によってその働きが左右されます

「高タンパク・低糖質」な肉・魚中心の食事を

良質なタンパク質を含む卵は一日に2個でも3個でも食べてOK

寝る前に空腹を感じたときは、ナッツやゆで卵、チーズなど糖質の低い軽食を食べるといい

引用:妊娠率アップ 35歳からでも効く食事とは? (1/2) :日経DUAL

南雲吉則著『空腹が人を健康にする』を読んでみると、

やはり妊活をする上で自分にとってプラスになりそうだったので、

実践してみることにしました。

実践し始めて1ヶ月ですが、私にはとても合っている

ようですごく健康的で気持ちいい生活ができています。

健康になりたい方、若々しくいたい方には

是非おすすめします。

 

本書の内容と1ヶ月の効果をお伝えします😀

 

著者”南雲吉則”先生について

以上、Wikipediaより。

南雲医師の食生活

現在の私は体重61キロ、身長173センチ。BMIは20.3です。体脂肪率は19%。自分でいうのは気恥ずかしいですが、ウエストはくびれ、子どものようにすべすべした肌が自慢です。髪もふさふさで、64歳という年齢を明かすと、いつも周りに驚かれます。

簡単に若返ったわけではありません。38歳のときにメタボ体形の自分に嫌気がさし、あらゆる健康本に書かれた若返り法を実践するようになりました。完全なベジタリアンだった時代もありますし、話題の健康食品もあれこれ試しました。日傘を持ち歩き、徹底的に紫外線を避けていたこともあります。結局、効果があるものはさほどなかったというのが私の出した結論でした。

新しいものを見極める術も身に付けました。どんなものも、まず3日間試してみて体の不調を感じたら、使用を中止するようにしています。とくに体調不良などはないけれど、3週間続けて効果を体感できないものもダメ。また、3カ月間続けられないようなものは、見切りをつけることにしています。名付けて、「3・3・3の法則」。世間の口コミに惑わされず、自分に合ったものを探すことが肝心です。

引用:「還暦過ぎても見た目は40代」南雲医師の食生活 一日一食でおやつはナッツか小魚 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 

空腹にするための”一日一食”(お腹が鳴ること)の秘密と効能

どんどん栄養を摂れば元気になれるというのは、

古い考えとのこと。

空腹によって、

  • 成長ホルモンによる若返り。
  • 体中の遺伝子の修復が始まる。
  • 超善玉ホルモンが脂肪を燃焼させ適性体重になる。
  • 体臭がほとんどなくなる。
などの効果があるとのこと。
 
40代の頃、南雲先生はこの食生活にしてから何よりも
肌が若々しくなり、人間ドッグで血液年齢が26歳と
いわれるようにまで若返ったとのことです。
 
成長ホルモンによる若返り
空腹になると胃袋から「グレリン」というホルモンが出ます。
グレリンは空腹によって刺激された胃袋から分泌され、
脳の視床下部に働いて食欲を出させるのが仕事です。
それと同時に脳の下垂体に働き、成長ホルモンを分泌させます。
成長ホルモンは、またの名を「若返りホルモン」といいます。
お腹が鳴ったら、しばらく成長ホルモンによる若返り効果を
楽しみます。
 
成長ホルモンとは

成長ホルモンに若返り効果があることを初めて知り、

調べてみると、アメリカでは年間2〜3万人が

成長ホルモンを注射することによる「成長ホルモン補充療法」

を行なっているとされています。

日本でも「成長ホルモン補充療法」を推奨している病院があり、

成長ホルモンによる効果は、想像以上にすごいようです。

成長ホルモンは脳の「下垂体」という所から分泌されるホルモンで、その名の通り、身体の各器官に働きかけて成長を促したり、傷ついた組織を修復したりする作用があります。実際、成長ホルモンを注射し補充することにより、80%以上の方に活力の増強・健康状態の改善、60%以上の方に美容効果・体脂肪の減少、運動能力の向上・性的能力の向上、50%以上の方に認知機能(記憶力など)改善が得られたとの報告があります。

老化の大きな要因は「成長ホルモンの減少」

成長ホルモンはカラダが大きくなる思春期に爆発的に増加しますが、そのピークを迎えた後は急速に低下し、30代には最大分泌量の50%以下、70歳代では30%以下の分泌量となってしまいます。

最もその変化を理解しやすいのが「基礎代謝」。基礎代謝は思春期に3000kcal以上ありますが、大人になるとその半分程度にまで落ち込んでしまいます。思春期に1日5食も食べたとしても太らなかったのに、大人になった今では食事量をこれまでの半分以下にしてるにもかかわらず痩せない、ということを経験したことはありませんか? これは成長ホルモンの減少によるものだったのです。

その他、眠りが浅い、睡眠時間が短くなった、疲れが取れない、集中力低下、気力低下、肌のくすみ・シワ、筋肉が減った、脂肪がつきやすくなった、などの症状の根幹には成長ホルモンの分泌量低下があります。まさにこれは老化で認められる症状であり、成長ホルモンのアンチエイジング効果に注目が集まっているのです。

成長ホルモンの7つのアンチエイジング効果

成長ホルモンに期待されているアンチエイジング効果について詳しく解説しましょう。

(1)脂肪を減らす:基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼されやすい体質になります。

(2)骨を丈夫にする:骨がもろくなり骨折のリスクが上がると、将来「寝たきり」になる可能性が高くなります。「健康長寿」を追求する海外セレブの中には、骨粗しょう症予防のために成長ホルモン補充療法を行なっている人もいます。

(3)筋力アップ:成長ホルモンは筋肉を作るのに重要な役割を果たします。成長ホルモン分泌量の違いで10%以上の筋肉量の違いが生まれると言われています。

(4)肌艶を改善する:成長ホルモンには抗利尿作用があり、カラダから水分が失われるのを防ぐため、肌の色艶が改善したとの報告があります。

(5)病気のリスクを下げる:成長ホルモンが低下すると動脈硬化が進行しやすいことが知られています。動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの突然死につながる病気のリスクを抱えることになります。

(6)認知症を予防する:成長ホルモン分泌不全症の患者に成長ホルモンを投与したところ、認知機能改善を認めたとの報告があります。今後増加の一途をたどるであろう、認知症患者への予防薬として期待が高まっています。

(7)糖尿病を予防する:内臓脂肪が減少することによって、インスリン抵抗性が改善(=インスリンが効きやすくなる)し、糖尿病予防に繋がると期待されています。

 

引用:https://i-voce.jp/feed/12785/

日本にて「成長ホルモン療法」を実施している病院のサイトでは、

高齢妊活に効果があるともされていました。

・見た目が20才若返ります。
・性的能力と性欲が向上します(男女とも)
・記憶と認知機能を高めます(認知症を予防できます)
・前向き、積極的、好奇心旺盛、明るい気分になります。
・肉体的な活性化・筋肉増強が起こり、元気になります。
・内臓脂肪が減少し、美しくダイエットできます。
・肌がみずみずしくなります。
  特に手の甲のシワ、たるみ、目尻の小じわ、額や首筋のシワが減ります。
・視力が改善します。
・免疫力が増強され、病気にかかりにくくなります。
・夜間排尿回数が減ります(老人性夜間頻尿の改善)
・不規則な生理周期が改善します。
 特に高齢妊活に効果があります。

・消化機能が改善します。
・更年期障害が改善します。
・熟睡できるようになります。
・関節の柔軟性が回復してきます(変形性関節症の改善)
・骨粗しょう症が改善します(老人性骨折を予防できます)
・白髪、禿げが改善します。

齢妊活

35才以上は高齢妊娠・高齢出産とされています。
35才を過ぎると、卵管・子宮の妊娠機能の老化&劣化が目立ってきます。
成長ホルモン療法の若返り効果は、卵管・子宮にも及びます。
10〜20才若返るのは見た目だけではありません。
卵管・子宮を20〜30代前半の頃にまで、若返らせることができます。

 

引用:成長ホルモン療法

なんだか劇的な効果がありそうな「成長ホルモン療法」は、

週に6回の自己注射で、月に22万くらいかかるようです・・・😅

 

 体中の遺伝子の修復

お腹が鳴っている時、さらに素晴らしい生命力が

湧いてきます。

それが「サーチュイン遺伝子」です。

あらゆる動物実験食事の量を4割減らしたら

1.5倍長生きしたしたという、通称「延命遺伝子」

またの名を「長寿遺伝子」といいます。

この遺伝子が効果を発揮するには、「空腹」が必要。

一日一食でお腹を鳴らせば、体中の遺伝子を

このサーチュイン遺伝子がスキャンして

傷ついているところをどんどん修復してくれるとのこと。

老化も癌も遺伝子の異常が原因といわれています。

一日一食で若返りや乳癌や前立腺癌等の性ホルモンで

成長する癌は減少する等の効果も期待できるようです。 

 

超善玉ホルモンが脂肪を燃焼させる

お腹がすくと、お腹に蓄えていた内臓脂肪を分解して

栄養に変えようとします。

どんなに運動しても、優先的に使われるのは

筋肉内のグリコーゲンという糖ばかりで、

スポーツの後は、低血糖になってお腹がすいて食べてしまう。

すると、インスリンが分泌されて、逆に内臓脂肪を

蓄えてしまうとのこと。

一日一食ならば、お腹が減り、内臓脂肪は燃焼します。

しかもそのときに、脂肪細胞から奇跡のホルモンが分泌

されます。それが、「アディポネクチン」です。

脂肪の中から動脈硬化を予防して血液の中を掃除してくれる

ホルモンです。

一日一食で痩せてくると、アディポネクチンが活性化して、

体中の血管を掃除して若返らせてくれるとのことです。

 

体臭がほとんどなくなり皮膚年齢も若返る

一日一食を始めると、たったの1週間で体臭はほとんど

なくなるとのこと。

体臭の原因は皮脂腺、いわば脂汗です。

一日一食を始めるとお腹が減り血中のコレステロールが

減り始めます。

コレステロールは性ホルモンの原料で、

「アンドロゲン」という男性ホルモンの量を増やします。

これは、ストレスがかかったときに分泌されます。

ストレスがあると皮膚の脂分が増えニキビやワキガ

フケや脱毛の原因になります。

その原因であるコレステロールが減れば、体臭やニキビが

なくなるのは当然だそうです。

一日一食は、肌をきれいにして体臭までなくしてくれるとのこと。

 

”一日一食”はいつがいいのか

一日一食にする場合、その一食は「夕食」が適当とのことです。
一日二食にしてもいいですが、その場合、
もう一食は、皮ごとのフルーツや全粒粉のクッキー等
軽めにすること。
一日一食なら食べたいものを何をどれだけ食べてもOKです。
一日一食にすると何でもいっぱい食べたくなるのでは
と思うかもしれませんがそんな事はなく、
体の方も本当に欲するものを求めてくるとのことです。
それはすなわち体に必要不可欠な栄養素ということ
になります。
理想の食事は腹6分目ですが、満腹感が欲しければ、
最初のうちはどれだけ食べても構いません。
そのうちに、だんだんと体が欲しくなくなるとのことです。
一日一食を習慣化して、レプチン量を正常化し、
体の感受性を取り戻すと、そのあとはちょっと食べれば
レプチンによる食欲抑制が働くため、一日一食が楽に続けられる
ようになるとのことです。
 
南雲先生の場合の食べたいものは、玄米と具沢山の味噌汁、
野菜のおひたし一夜干しの魚なければ納豆とのこと。
 

空腹時にお茶やコーヒーを飲むのではなく、お勧めは「ゴボウ茶」

お腹がすいている時にカフェインを摂ることは
体に良くないそうです。
カフェインは「アルカノイド」の一種で、
ニコチン、コカイン、モルヒネ等に含まれている
麻薬成分で、副交感神経に対して刺激作用があります。
お茶の中にはタンニンも入っていて、タンパク質を
変性させる作用があります。
食後にお茶を飲むとお腹がスッとして満腹感が
和らげられるのは、このタンニンの作用で消化管の
粘膜が変性を起こして消化吸収障害が起こるかららしいです。
ウーロン茶も同様です。
南雲先生は、お茶が飲みたいと思った時には、カフェインの
入っていない麦茶やゴボウ茶を飲むそうです。
ゴボウ茶に入っているサポニンには脂を中和する作用があります。
必要なデンプンやタンパク質だけは体内に吸収し、
余分なコレステロールだけは体外に排出するとのこと。
理想的な飲み物ですね。
また、ゴボウ茶の主成分は「ポリフェノール」です。
赤ワインに豊富な成分で健康にも良い事が知られています。
研究結果からゴボウのポリフェノールはあらゆる植物の
中で最強である事が証明されました。
例えば同じポリフェノールを持つぶどうやリンゴを
土に埋めた場合、すぐに腐ってしまいます。
ゴボウは土の中という過酷な環境の中で育ち腐ることは
ありません。
それだけゴボウの中に含まれるポリフェノールは
非常に強力な防菌防虫作用、抗酸化作用と土の中でも
傷を治す創傷治癒作用を持っています。
そのため、南雲先生は常にゴボウ茶を飲んでいるとのことです。
 

ゴボウ茶の作り方

  1. ゴボウをよく洗い皮つきのままささがきにする。
  2. 水にさらさず、そのまま新聞紙の上に広げて半日ほど天日干しにする。(夏なら2〜3時間で良い)
  3. フライパンで油を使わずに10分ほどゆっくりから煎りする。
  4. 煙が出てくる寸前で止め、そのまま急須に入れ、沸騰したお湯を入れて完成!
天日干しが難しいかなと思っていましたが、思っていたより短時間で
済むので、できるかもしれないですね。
  

なぜ『一日一食』で栄養不足にならないのか

栄養は量ではなく質なので、
すべての栄養素をバランス良く含んだ「完全栄養食」を
摂ることが重要なポイントになるとのことです。
牛乳や卵、イワシや小魚等丸ごと食べれる魚が例です。
南雲先生は、フルーツも野菜も皮、根っこすべて
食べるそうで、穀物は全粒とのこと。
  

体の細胞は52日間で一新される

完全栄養による一日一食の食事にして、早寝早起きを

52日間実行すれば、適正体重になって体調が良くなり、

外見上も若々しくなるとのことです。

 

健康と若返りの観点から、さらにやった方が良いこと

  • 早寝早起き
  • 歩くこと
 早寝早起き
南雲先生は、夜ご飯前に入浴を済ませ、
夜ご飯を食べたらすぐに寝るそうです。
食べたら寝るが極めて健康な自然のリズム。
食後すぐに寝たら太るとはよく言われますが、
心配無用とのこと。
「ゴールデンタイム」の睡眠中、成長ホルモンが
しっかり分泌されて内臓脂肪を燃焼してくれるからです。
成長ホルモンは、夜の10時から夜中の2時までの
睡眠時間中に分泌されます。
この時間が若返りのための「ゴールデンタイム」です。
妊活にも良いとされていますよね😀
 
 歩くこと
 南雲先生流の歩き方は、
  1. たるんだお腹を引っ込めて胸を張る
  2. 手は軽く握って
  3. 最大歩幅でどんどん歩く

時間はそんなに長くても良いそうです。

  

実践開始1ヶ月の効果

目からウロコのような内容で、

本当に効果があるのかどうか確かめたいと思い、

10月7日から実践してみました。

先生がおっしゃるには徐々に慣らしていけばいいとの

ことだったので、無理しすぎずやれる範囲で始めました。

 

 痩せる

私は身長167.5cmで、開始前の体重は52.8kgでした。

1週間後:52.8kg→49.4kg(−3.4kg

2週間後:49.4kg→49.3kg(−0.1kg

3週間後:49.3kg→48.8kg(−0.5kg

1ヶ月後:48.8kg→47.6kg(−1.2kg

f:id:shihon79:20191102214141j:plain

トータル:5.2kg減

今まで体重計の写真を撮っておらず・・・、

1ヶ月後だけ撮りました😅

これからは、毎週写真も残していきたいと思いますが、

既にかなり痩せました。

適正体重まで落ちるようなのですが、

私の適正体重は、どのくらいなのかな・・・。

とにかく無駄なお肉がなくなっていっている感じで、

頰がやつれたりもしておらず肌艶もいいので、

健康的に痩せていっている感じです。

ホットヨガでちゃんとポーズも取れているので、

筋力も大きくは低下していないと思います。

本書で、体重は3日間で2kgくらい減少する

となっていましたが、ちゃんと一日一食をすれば、

そのくらいは痩せるだろうなと思いました。

  

 肌の調子が良くなる

開始1週間で化粧ノリも良くなり、肌の調子が

良くなったと感じました。

痩せたためたるみも無くなってきています。

開始3日目からゴボウ茶を飲み始めましたが、

毛穴が小さくなり肌のキメが細かくなったような

気がしています。

ゴボウ茶でイメージする味と違い、ゴボウの風味と

なんともいえない甘みがすごく美味しく飲みやすく、

ルイボスティよりずっと美味しいと思います。

ゴボウ茶のサポニンには脂を中和する作用があり、

抗酸化作用も高いので、これからも飲み続けたいと

思っています。

  

 首のシワがなくなる

最近、加齢を感じ始めたことの1つが首のシワでした。

いつの間にか首にくっきりとした長いシワが2本も入って

しまっていました・・・。

首元に年齢がでるって本当だな〜と思っていましたが、

痩せたからなのか、実践1ヶ月で首のシワがほぼなくなりました。

before写真がなくて残念ですが、現在の首元の写真です。

f:id:shihon79:20191104204937j:plain

  

 体臭がなくなる

1週間で体臭がなくなりました。

ホットヨガをしている時に大量の汗をかくのですが、

今までその汗の臭いがかなり気になっていました。

それが開始1週間後にヨガをしたとき、汗の臭いがなくなって

いて、本当に驚きでした。

 

 早寝早起きになり、寝起きが良くなる

夜は早い時間に寝られるようになり、目覚ましがなくても

すっと目が覚めて二度寝することなく、すぐに起きられる

ようになりました。

現在は、夜10時くらいに就寝して、朝5時くらいに起きています。

 

 頭が冴える

始めて1〜2週間の時は、頭がぼーっとして働かないような

感じもあったのですが、その後は頭が冴えるようになり

集中力が増したことを実感しています。

 

私の実践方法

最初は朝食と昼食を少なくして夕食をたくさん食べることから始めて、

徐々に減らしていきました。

今でも完全に朝食と昼食を抜くことが難しい場合、ナッツを食べたり

レーズンとナッツが入ったパンを一切れ食べたりしています。

夕食は食べたいものを好きなだけ食べ、

たまに飲みにもいっています😀

それでも、栄養バランスを考えながら満腹まで食べても、

南雲先生が言うようにそんなには食べれないものです。

 

1ヶ月の感想

夕食に制限がないので、初めて無理なく体質改善できています。

何より目に見えて成果が実感できるので楽しくもあります。

身軽で健康的になっている感じで、幸せを感じています。

 

体の細胞が一新されるまで後24日間、

移植までに間に合いそうなので良かったです。

卵ちゃんを最大限健康になった体で迎えたいと思っています。

また当ブログにて、継続効果と共に、私の食事と運動などの

簡単な記録をお伝えしていきたいと思います😀