しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

未来年表のメリットと作り方。

おはようございます、志帆子です。

いつも訪問いただきありがとうございます。

 

私は10年くらい前から未来年表を

書いているのですが、

ちょうど41歳までの未来年表が

終わってしまいました。

そう、42歳になりました・・・😅

42歳の現在からの5年間の未来年表を

作成するにあたり、

簡単に基本的な未来年表の作り方を

ご紹介したいと思います。

  

未来年表とは

 

自分の人生で何を成し遂げたいか、

どうなりたいか、どんな仕事がしたいのか、

車、マイホームがほしいとか、海外に行きたい

とか小さい目標から大きい目標まで、

自分の人生で成し遂げたいことを表に

まとめたものを未来年表といいます。

未来年表を作るメリットは、

作る過程で自分自身と向き合い、

目標を具体的に設定して期日を作ることで、

今の自分に必要なもの、やるべきことが

明確になる点です。

この未来年表のおかげもあり、

色々な目標を達成することができたのですが、

37歳から41歳の5年間の未来年表の中で、

39歳で出産という目標は達成できていません。

こればっかりは、遅過ぎたので、

努力とかの範疇を超えている感じですね😅

それでも、自分の人生で成し遂げたいこと

なので、今回も、妊娠、出産することを

描いて、未来年表を作りたいと思います。

今までは手書きで作成していましたが、

今回はエクセルで作成したいと思います。

 
未来年表の作り方

 

まずは、目標を設定します。

1年後、2年後、3年後、4年後、5年後

まで作ります。5年後までだと具体的な

目標が設定しやすいです。

例えば、1年後に資格を取得するとか

富士山に登るとか、2年後に企業するなど。

できる方は、プラス10年後の分も作ると

いいか思います。

次に、それを手帳に書くか、エクセルなど

記入します。

以下、作成途中の私の未来年表の一部です。

今までウォーキングは、週に3回程度

でしたが、9月から毎日やっています。

私の場合、健康兼妊活のためです。

 

f:id:shihon79:20190930231114p:plain


モノ・お金のところには、欲しいものや

達成したい給料、貯蓄額を記入します。

健康のところには、本来は体重を何キロ

まで減らすとかどう健康になりたいかを

記入してやることを記入します。

また、計画がずれ込んだ場合、定期的に

記入し直すようにします。

 

未来年表を作って眺めてみると

本当に、時間がないことがよくわかります。

記入することはやっぱりいいことですね。

具体的にイメージしやすくなります。

時間は人生そのもの。

叶えたい自分の人生、

記入し終えたら、毎日見るようにしたい

と思います。