しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

東京HARTでの半年間の不妊治療について。

東京ハートクリニックで、不妊治療を半年間行い、

2回採卵をして、1回目採卵数5個、2回目採卵数4個

凍結できた受精卵はたった1つでした。

しかも、グレードは最低の4CC

友達が妊娠できたクリニックだし、治療実績も高かったので、

ここで3回は挑戦しようと思っていました。

不妊治療の最後の塞と言われることもあるように、

受診されている方の年齢が高い印象もあり、同じような状況の人が

受診しているような安心感もありました。

ですが、今、高刺激の治療方法が、私の体の状態には合っていない

のではないかというぼんやりとした思いがあります。

これ以上続けても卵巣を痛めてしまうだけのような怖さ。

このクリニックの先生は、常に優しくすごく前向きなことを言ってくれます。

初診時に内診した際、見えている卵胞の数も多いし、

3回目までには妊娠できるんじゃないかなと言われました。

このときは、私のような年齢で卵巣年齢も低い人に対して、

そんな心強いことを言ってくれることを嬉しく思いました。

今となっては、その言葉も無責任な言葉のように感じてしまっています。

状況によって、こんなにも捉え方が変わってくるんですね。

これが今、私が感じていることで、

こんな気持ちを抱えたまま、3回目の採卵をすることはできません。

 

転院することは、とてもパワーが入ります。

高度不妊治療のクリニックを調べ直すこと。

いろいろな検査等、同じことを繰り返すことになりますし、

私は勿論ですが、彼にも負担を掛けてしまいます。

ですが、

高度不妊治療を半年経験した今だからこそ、

分かることがあるので、

もう一度、クリニックを再検討したいと思います。

 

東京ハートクリニックは、もう一度、受診します。

2回目の採卵結果の原因の確認と共に、

内診からの今後の治療方針を聞くためです。

 

それまでに、転院先の候補は見つけておきたいと思います。

 

 

東京HART総費用:¥1,293,400