しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

友達の妊娠。

今日は、久しぶりに、アメリカにいた時に知り合った友達に会いました。

彼女は、今も夫婦でアメリカに住んでいて、帰省していました。

 

私は、彼女に不妊治療をしていることを伝えていました。

彼女は、結婚して9年になりますが、

子供が欲しい気持ちは全くありませんでした。

子供なんて絶対にいらないと言っていました。

反対に、旦那様は子供がすごく欲しくて、

そういう意味では、考え方が全く違う夫婦です。

 

そんな彼女が、なんと妊娠しました。

久しぶりに会って、妊娠2ヶ月だと報告を受けました。

帰国して、健康診断で病院に行ったときに分かったとのことで、

” 妊娠してますね "

と言われた時、ショックを受けたそうです・・・。

お医者様もその反応に困惑した顔をしていたとのこと。

そりゃ、喜ぶと思いますよね。

彼女は、ショックを受けて、どうしようと思ったらしいです。

アメリカでの子育ても不安なのだと思います。

旦那様は大喜びなので、もちろん産むつもりらしいですが、

自分では全く育てる気は無く、欲しがったのは旦那なのだから、

面倒は全て旦那にやってもらうと言っていました。

 

妊娠を望んでいる私にはできず、妊娠を望んでいない彼女にできる、

人生って皮肉なものだなと思いました。

旦那様の思いが優ったということかな。

なんせ、旦那様が内緒でタイミングを取っていたらしいですから・・・。

この旦那様は、本当にすごくて、すべての自分の願望を叶えてしまう人です。

彼女だって、本当は望んでたんだって思いたい。

子供ができたら、考え方が変わるといいなと思います。

 

彼女に、” まぁ、あんまり頑張りすぎんようにね ”と言われたときは、

なんだかなぁ・・・と思いました。

彼女の妊娠を嬉しいと思う反面、

なんだかちょっと複雑な気持ちの自分がいました・・・。