しほこの暮らし

40代 不妊治療と日々の生活のあれこれを綴っています。

不妊治療 少しリセットしてみる。

私にとって不妊治療は、大げさかもしれませんが、

人生最大の挑戦になりつつあります。

金銭的な意味も含め・・・。

正直、こんなにまで望む気持ちになるとは、思っていませんでした。

不妊治療を始める前は、愛する人に巡り会うことが、

人生最大の望みで、赤ちゃんまでの贅沢は望みませんって感じでした😅

何かが叶うと、また別の望みが生まれてくるものなんですね。

 

タイミングが遅れたことが最大の原因ですが、

この挑戦は、自分の体次第な部分が大きく、

努力や願いだけではどうすることもできません。

それでもいつだって、

求めて考えて行動した先には、何かがあると信じて、

今、できる限りのことをやっていきたいと思います。

 

昨日、そんな私の心に響く曲が流れてきました。

小田和正の音楽特番「風のようにうたが流れていた」という番組。

矢野顕子、JUJU、根本要(STARDUSTREVUE)、スキマスイッチ、杏 等

11名のアーティストの方々が、名曲の数々を歌ってくれていました。

 

数々の名曲の中で、私の心に響いたのが、

JUJUがメインボーカルで歌った、カーペンターズの”青春の輝き” と、

小田和正、スキマスイッチ、根本要(STARDUSTREVUE)、

水野良樹(いきものがかり)が歌った、竹内まりやの元気を出して”

 

どちらも恋愛の曲ですが、不妊治療に少し行き詰まった私の心に

優しく響きました。

 

”青春の輝き”から抜粋

これまで一番大変だったと思うのはずっと信じ続けること

こんな世界でもきっとどこかに私の運命の相手がいると

でも、かりそめの人生の中で繰り返される出会いと別れを見てきたら

私にチャンスが巡ってきたとしてもそれに気づかないかもしれないと思うの

今の私には恋することが必要だとわかっている

これまでたくさんの時間を無駄に過ごしてきたことも

自分の理想が高過ぎるってことだってわかっている

そして、それがいつか見つかると思っている自分が愚かなことも

まだ希望はあると自分に言い聞かせて

 

”元気を出して”から抜粋 

涙など見せない強気なあなたを

そんなに悲しませた人は誰なの?

終わりを告げた恋にすがるのはやめにして

ふりだしからまた始めればいい

幸せになりたい気持ちがあるなら

明日を見つけることはとても簡単

 

うっとりするようなハーモニーとアコースティックギターの響きと共に、

これらの歌詞が心に響いてきました。

 

少しリセットをして、

東京ハートクリニックでの、半年間の不妊治療を振り返ってみて

これからのことを考えたいと思います。

 

 

東京HART総費用:¥1,293,400